債務整理を考えるタイミングはいつか

借金の返済に困った方が行う債務整理は、一昔前は非常に悪いこと、言ってみればダメな人が行う手続きのように思われていました。グレーゾーン金利真っ最中の消費者金融バブルの当時は、借金は重ねようと思えば今よりも遥かに大きく増やせてしまったので、借金ばかりをしていて債務整理=お金にルーズな人と思われていたためです。

 

しかし時は流れ、今では債務整理はそこまで特別な手続きではなくなってきています。貸金業法が改正されたことで余計な借金は増やせなくなり、昔とは借金に対する環境が変わっているためです。

 

今では昔のような年収以上に借金を抱えるといったことはほぼなく、借りたお金が返せないといった状況は何か特別な理由がある場合が出てきているのも理由の一つです。だからと言って債務整理は気軽に手軽に進めるべきではありませんが、借金の返済ができないのであれば債務整理を考えるのは仕方が無いことです。

 

もちろんデメリットもありますので、そのあたりはしっかりと調べておく必要があります。よく分からない方は借金問題に強い、多くの債務整理案件の実績がある弁護士に相談や依頼をしてみると良いので、デメリットだけでなくかかる費用などもしっかりと聞いてみましょう。

 

納得ができれば依頼をすればよく、よく分からないのであれば無理に依頼をする必要はありません。ただ、借金の返済ができなくなってきた状況はそのままにしておくのは危険なので、返済ができなくなった感じるようになったら債務整理を検討すべき時期と言えます。

 

まずは無料相談で話が聞ける弁護士事務所に連絡をし、借金解決のための債務整理の相談を進めてみましょう。