交通事故被害に遭った際の交渉も任せられる

弁護士事務所で相談を受け付けている事案や案件は非常に多く、男女間のトラブルや借金の問題以外にも交通事故の示談交渉に関する内容もあります。交通事故の被害に遭ってしまうと保険会社などを相手に賠償金の交渉や話し合いを進めますが、両者の言い分がかみ合わずに示談が成立しないケースが多いためです。

 

被害者となってしまった方は、当然ですが怪我の治療にかかったお金や今後の生活に与える影響、そして精神的な損害に対する慰謝料として損害賠償を求めます。しかし、保険会社は最低限のお金しか払いたくないので、交通事故の被害者が請求する金額と保険会社が提示する金額で折り合わないのです。

 

何度もやり取りをしているうちに面倒になってしまい、中には保険会社の提示する金額で示談を成立させてしまう方もいますが、それだけは避けるべきです。粘り強く待つことで被害者側が妥協をするのを保険会社は待っているので、提示する内容で示談を進めてしまうと被害者が損をすることとなります。

 

とは言っても被害者側の請求をすべて保険会社に呑ませるのは難しく、やはりどうしても交渉は難航してしまいます。そこで頼ってみたいのが弁護士で、特に交通事故の案件を多数解決をした弁護士事務所であれば被害者側が損をしないように示談交渉を進めてくれます。

 

費用がかかるデメリットこそあるものの、かかる費用を差し引いても交通事故の示談交渉を弁護士に任せるメリットは大きくなるので、被害者側が損をしないようにしっかりとした進め方で示談を行ってください。