2016/05/30 10:58:30 |

昔は正規の消費者金融でも厳しい取り立てを行っていたものですが、今ではほとんど見かけなくなりました。貸金業法が改正されたことで消費者金融に対する締め付けが強くなり、目立った行動に出られなくなったためです。

 

しかし、元から違法な貸し付けを行う闇金融は別で、貸し付け自体が違法なために取り立ても違法です。暴力的な言動でお金の回収をしようとしてくるので、どうしても闇金融絡みのトラブルは多くなってしまいます。

 

支払いができるはずもない金額を請求されたり、借りてもいないようなお金を求められるケースもあります。そこで払ってしまえば闇金融の思う壺で、一度でも支払いをしてしまうと「回収をかければお金が取れるカモ」として認識されてしまいます。

 

厳しい闇金融の取り立てに負けてしまってお金を支払ってしまう方もいますが、払っても解決にならないのが正規の消費者金融とは異なる闇金融の厄介なところです。払っても解決ができないならお金は払わない方が良いのですが、だからと言ってそのままにしてももちろん解決はできません。

 

日々の闇金融からの取り立てに怯えている方は、お金を無駄にする前に闇金融問題に特化している法律事務所に相談をしてみると良いです。相談だけであれば無料とするところも多いので、違法な闇金融の取り立て被害に負けてしまわぬよう、まずは相談をして解決のための依頼を進めてみましょう。

2016/05/30 10:58:30 |

消費者金融は今でも数多くあり、色々なところから借りている方もいます。大体の方はまずは大手から利用をするもので、有名なところではプロミスなどがあります。

 

プロミスは一昔前と比べると金利は上限で17.8%と低くなりましたが、それでも各種ローンなどに比べると高い水準です。他からの借金や支払いがあれば返済が厳しくなる場合もあり、プロミスへの支払いができないと頭を抱えている方も少なくありません。

 

返済が厳しい場合には大手の消費者金融は返済に関する相談には乗ってくれますが、それでもいつまでも待ってくれるわけではありません。連絡だけしていつまで経っても返済をしなければ対応も段々と厳しくなってくるので、プロミスへの支払いができなければ正しい手続きを取って借金の解決をしなければならなくなります。

 

払えないプロミスへの借金の解決となると債務整理が一般的ですが、プロミスからの借り入れは大きな金額とならない場合が多いので、他の債務状況にもよりますが自己破産を選択するまでもありません。より手軽な手続きとなる任意整理でのプロミス借金の解決を進めるケースが多いので、自分自身の状況にとってどの債務整理が適しているかをよく考えてみましょう。

 

中には専門知識が必要となるものや、手続きに大きな手間がかかる債務整理もあります。普段の生活が忙しい方が裁判所などに行くのも大変なので、スムーズに債務整理を進めたいのであれば弁護士への相談と依頼を検討してみるのも手です。

2016/05/30 10:58:30 |

借金の返済に困った方が行う債務整理は、一昔前は非常に悪いこと、言ってみればダメな人が行う手続きのように思われていました。グレーゾーン金利真っ最中の消費者金融バブルの当時は、借金は重ねようと思えば今よりも遥かに大きく増やせてしまったので、借金ばかりをしていて債務整理=お金にルーズな人と思われていたためです。

 

しかし時は流れ、今では債務整理はそこまで特別な手続きではなくなってきています。貸金業法が改正されたことで余計な借金は増やせなくなり、昔とは借金に対する環境が変わっているためです。

 

今では昔のような年収以上に借金を抱えるといったことはほぼなく、借りたお金が返せないといった状況は何か特別な理由がある場合が出てきているのも理由の一つです。だからと言って債務整理は気軽に手軽に進めるべきではありませんが、借金の返済ができないのであれば債務整理を考えるのは仕方が無いことです。

 

もちろんデメリットもありますので、そのあたりはしっかりと調べておく必要があります。よく分からない方は借金問題に強い、多くの債務整理案件の実績がある弁護士に相談や依頼をしてみると良いので、デメリットだけでなくかかる費用などもしっかりと聞いてみましょう。

 

納得ができれば依頼をすればよく、よく分からないのであれば無理に依頼をする必要はありません。ただ、借金の返済ができなくなってきた状況はそのままにしておくのは危険なので、返済ができなくなった感じるようになったら債務整理を検討すべき時期と言えます。

 

まずは無料相談で話が聞ける弁護士事務所に連絡をし、借金解決のための債務整理の相談を進めてみましょう。

2016/05/30 10:58:30 |

異常とも言える金利での違法な貸し付けを行う闇金融は、正規の金融会社や貸金業者で借りられなくなった方、自己破産などの債務整理をして借りられない方に対して手招きをしています。

 

街中の電信柱やガードレールに貼られた融資OKとする怪しげな広告や、今ではネット上でも見かけるソフト闇金とするところで、どれも法律で定められた金利を大幅に超過する違法な内容での貸し付けを行っています。

 

利息も法外な金額となり、元々が違法な貸し付けを行っている闇金融は、返済ができなくなれば違法な厳しい取り立てを行ってきます。本人だけでなく周りの方への取り立てや嫌がらせも行うため、闇金融で借りてしまうと家族や会社の方、近所の方々へも大きな迷惑がかかる可能性があります。

 

だからと言って莫大な利息の支払いができるわけもなく、もしできるとしても払うのはやめた方が良いです。一度でも無茶な請求による回収が行われると、闇金融側はその後もあれこれと理由をつけてお金を請求してきます。一度払ったはずなのにおかしな理由での取り立てや嫌がらせが行われるのです。

 

こういった違法な闇金融の問題を解決するためには、やはりプロの力を借りるのが一番です。闇金融の問題に強い弁護士であれば、闇金融に対してお金を払わずに解決を進めてくれるようになります。

 

違法な内容での貸し付けとなる闇金融へは、実際には1円も支払う必要がありません。借りた元金分すらも支払う必要が無いので、余計なお金を闇金融に払う前に払わない闇金解決の相談を弁護士や司法書士の事務所で進めましょう。

2016/05/30 10:58:30 |

弁護士事務所で相談を受け付けている事案や案件は非常に多く、男女間のトラブルや借金の問題以外にも交通事故の示談交渉に関する内容もあります。交通事故の被害に遭ってしまうと保険会社などを相手に賠償金の交渉や話し合いを進めますが、両者の言い分がかみ合わずに示談が成立しないケースが多いためです。

 

被害者となってしまった方は、当然ですが怪我の治療にかかったお金や今後の生活に与える影響、そして精神的な損害に対する慰謝料として損害賠償を求めます。しかし、保険会社は最低限のお金しか払いたくないので、交通事故の被害者が請求する金額と保険会社が提示する金額で折り合わないのです。

 

何度もやり取りをしているうちに面倒になってしまい、中には保険会社の提示する金額で示談を成立させてしまう方もいますが、それだけは避けるべきです。粘り強く待つことで被害者側が妥協をするのを保険会社は待っているので、提示する内容で示談を進めてしまうと被害者が損をすることとなります。

 

とは言っても被害者側の請求をすべて保険会社に呑ませるのは難しく、やはりどうしても交渉は難航してしまいます。そこで頼ってみたいのが弁護士で、特に交通事故の案件を多数解決をした弁護士事務所であれば被害者側が損をしないように示談交渉を進めてくれます。

 

費用がかかるデメリットこそあるものの、かかる費用を差し引いても交通事故の示談交渉を弁護士に任せるメリットは大きくなるので、被害者側が損をしないようにしっかりとした進め方で示談を行ってください。